knowledge.jpg

豆知識tab4.gif豆知識tab8.gif豆知識tab9.gif

qa3.jpg

「毎日食べるものだから」
多くの方が毎日のように口に運ぶお肉。ですが、意外と知らないことも多いのではないでしょうか?
ここでは様々なお肉についての豆知識を紹介します。

aboutbeef3.gif
交雑種とは
和牛よりも生産コストを抑えつつ、乳用種よりも品質を向上させるため、品種同士を交配させて生まれた牛のことです。
和牛とホルスタイン、肉専用種とホルスタイ ンの交配などがあり、それぞれの品種の利点を掛け合わせることによって生産効率を上げることが目的です。
ホルスタイン同様、店頭では「国産牛」と表記されます。

和牛と
国産牛の違い

和牛とは日本の在来種のことで、現在は「黒毛和種」「褐色和種」「日本短角種」「無角和種」の4種類しかありません。
今、流通している和牛の90%以上は「黒毛和種」です。
国産牛とは3カ月以上日本で肥育された牛のことをいい、品種による違いはありません。
ですので、日本で生まれた牛も外国で生まれた牛も含まれます。

グレインフェッドビーフと
グラスフェッドビーフ

グレインフェッドビーフは「穀物肥育牛肉」といい、牧草を食べて肥育した後、穀物で育った牛肉のこと。
穀物を飼料として育った肉牛は肥育期間が長いほどサシが入り、味わいも優れています。
グラスフェッドビーフは「牧草飼育牛肉」のことであり、自然の中で牧草を食(は)んで育った牛肉です。赤身の多い肉質で、肉本来の味が楽しめるのが特徴です。

お肉を硬くする野菜

料理をする際にはご注意ください。
しらたき(糸コンニャク)や豆腐に含まれるカルシウムには牛肉をかたくする性質があります。
お鍋などそのまま隣同士に入れると硬くなることがあるので注意ください。
ただし、しらたき(糸コンニャク)や豆腐を一度かるくゆでたものを使うと硬くならずにすみます。

牛の舌が厚い理由
焼肉店で見かける牛タンは薄い印象がありますが、実際の牛の舌はとても分厚くて驚く方もいらっしゃいます。
実は牛には上の歯がなく、食事の際に草を巻き取ったり、引きちぎったりして食べるため、自然と発達したとされています。

ブランド牛の産地
昔からその土地で生まれ育った銘柄牛はもちろん産地として認定されますが、そうでない場合もございます。
生後から成長、すなわちブランド牛の産地で、肥育された牛にもそのブランドの名前がつきます。
現在ではむしろ肥育された土地の牛がそのままブランド牛となるケースのほうが多いそうです。
おいしい牛肉の選び方

牛肉を選ぶときのコツは、肉の色がくすんでいなくて鮮やかなものを選ぶことです。ここで大きく味に差が出ます。
そして弾力やすじの入り具合もチェックしましょう。
またステーキに適した少し厚いサーロイン、ヒレ、ランプを買うときのポイントとしては、見た目の大きさよりも厚みを重視することです。
肉が薄すぎると両面を焼いたときに中まで火が通ってしまい、せっかくのジューシーさが失われてしまいます。

保存するときにもコツがあります。
3日〜1週間以内に使用するのなら冷蔵庫での保存で充分。
チルド室がある場合は長期保存できますが、解凍したときにドリップ(肉汁)が出ないようにしましょう。



aboutpork.gif
よい豚肉の見分け方
肉の色艶、脂肪の色及び質、肉のきめ、しまり等で判断できます。
よい豚肉の色は、艶のある淡灰紅色です。(やや淡い灰色がかったピンク色)
よく運動をする、かた、くび、すね、外ももは、濃い目の色になります。
時間が経過すると、ピンク色が退色してきて同時に灰色が強くなり、全体的に沈んだ感じの色になります。
さらに時間が経過すると、黒味がかってきてさらに進むと青みを帯びてきます。

豊富なビタミンB1

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変え、脳や神経細胞を活性化させるためにも不可欠です。
豚肉にはビタミンB1が多く含まれており、部位によっては牛肉の10倍以上で一日の所要量は豚肉100g(ほぼ一食分)で満たされます。



aboutchiken.gif
良い鶏肉の見分け方

まずに色です。新鮮な鶏肉は赤身がかった綺麗なピンク色で、
肉全体に張りと透明感があります。
反対に、傷んだ鶏肉は張りが無く暗赤色をしています。
また白すぎて透明度のないものも鮮度の悪い肉です。
次に傷んできた鶏肉からは、肉からの水分が落ちて全体にぬめっとした光沢があります。
水っぽく粘性の液体が付着している肉は避けた方が良いでしょう。

ブロイラーとは

現在流通している鶏肉のおよそ90%を占めているのが、ブロイラーです。
食肉専用、大量生産に適するように改良された鶏で、本来はブロイル(焼く・焙る)専用の鶏という意味がありましたが、現在では成長が早く肉づきのよい食肉専用鶏を総称してブロイラーと呼んでいます。
全体的に肉質が柔らかく、くせが少ないので、幅広い調理法がある。また脂肪が少なく低カロリーの食材であるということから、ローストチキンやフライドチキン、骨付き肉のグリルなどの食材として人気があります。

地鶏と外来種
地鶏とは、日本在来種の鶏のこと。
希少性が高く、現在では日本在来種の血統が50%以上あるものを「地鶏」と呼んでいます。
飼育期間が80日以上、28日令以降は平(ひら)飼い(鶏が地面を自由に動いて運動できる飼育方法)で、1uあたり10羽以下で飼育することが義務づけられています。
それに対し、外来種・日本在来種の血統が50%以下のものは銘柄鶏と分類されます。品種・飼育方法・出荷日数を工夫して飼育されています。



aboutmutton.gif
ラムとマトンの違い

ラムは生後一年未満の子羊の肉、マトンは二才以上の成羊の肉とされています。
ラムは肉質がやわらかくてクセがないのが特徴で、マトンは羊ならではのコクと旨味が特徴です。

ジンギスカンとは?
羊の肉を焼いて食べる料理を一般的にはジンギスカンと呼びます。
世界でもはるか昔から多く食されておりますが、
ジンギスカンは日本人が食しやすいように改良し、覚えやすいネーミングにされてジンギスカンとなったといわれています。

羊肉がヘルシーといわれる理由

羊のお肉は他の牛肉や豚肉と比べると柔らかく、ローカロリー。
また脂肪の融点(溶けて液体になる温度)が44℃と高いため、人間の体温では溶けないのです。そのため体に吸収されにくいため、ヘルシーといわれています。
またカルニチンをはじめタンパク質やビタミン(B1・B2・C)、鉄分、不飽和脂肪酸、亜鉛などの栄養素が豊富なため理想の食材とも言われます。